冷えないための私の朝習慣 - 金時しょうがの粉末は冷えないための必要です

冷えないための私の朝習慣

早起きしようが寝坊しようが、寝起きは白湯を飲むところから始めるのが私のスタイルです。

 

前日のお湯がポットに残っているので、飲むのは楽です。

 

まじめにやっている方から見ると、手抜き過ぎて恥ずかしいのですが。

 

本当はモーニングコーヒーというのも優雅でいいんですけどね。
コーヒーの香りは好きですし。

 

ただ、なんかコーヒーは朝一で飲むとあまりよくないという話もネット上でちらほら聞くので、最近はやめてます。

 

そして、おめざは季節の果物です。
でも朝一番の果物は体冷やしちゃうような気がするので、絶対白湯を飲みながら食べます。

 

さらにお湯の中には生姜も投入しています。
無糖の生姜湯です。夏でもこれは絶対はずせません。

 

粉末の生姜の入ったボトルがテーブルの上に見当たらないとパニックになっちゃうくらい、私は生姜を愛しているのです。

 

私が使っているのは、生姜は生姜でも金時生姜というものです。

 

私の生姜愛用暦は軽く五年を超えているので、生姜にはちょっとしてこだわりがあります。
最初は安くてスーパーでも手に入りやすい中国産の粉末生姜を使っていたのですが、安全性にこだわるために国産に切り替え、最後に温め力を求めてたどりついたのが金時生姜です。

 

国産粉末生姜を求めて自然食品店に入ったときにたまたま出会いました。
温め力が普通のしょうがの四倍、とポップに書いてあって、即買いでした。

 

確かに飲んでみると、生姜特有のさわやかな辛味が強くていかにも効き目がありそうです。
というより、実際に飲んだその場でぽかぽかしたのでそれ以来飲み続けてます。

 

もともと冷え性な体質なので、もうこれがない生活は考えられません。
甘酒やチャイに入れても美味しいので、冷え対策にこの冬もがんがん消費していきますよ。